モダンな雰囲気の内装

和室の需要

和室は色々な用途がある

一時期、注文住宅の部屋決めで和室を作らないと考える人が増えました。生活の洋式化が定着し、イスやソファに座ると言うスタイルになって、和室の必要性が薄らいだのです。しかし、最近は注文住宅を建てるなら和室がほしいと言う人が増えてきています。和室は色々な用途があると言う部分が再注目されてきました。 基本的な使い方は、夜は寝室にして昼間は茶の間です。客間としても使えますが、和室は家事をするのに使い勝手がいいのです。畳の上で昼寝をしたいと言う人もいます。 最近の注文住宅の和室は、昔ながらのいかにも和室と言う形よりも、洋間の中に畳スペースがあると言うものが多いです。和室と言えど進化しています。用途に応じて考えていくことです。

和室を作る時に知っておきたいこと

この時代の注文住宅に和室を作るのならば、伝統的な和室を作りたいとこだわる人もいます。伝統的な和室には基本の形があるのですが、本格的な和室を作るとなると値が張ります。予算について入念に打ち合わせをすることです。 また、和室を作るなら空間を低くまとめると言うことを大切にしましょう。和室は床に座って過ごす部屋です。天井や扉の高さなど床に座った時のことを意識し、洋間よりも低くすると居心地がいい空間になります。これは和室を作る時に、とても大切とされています。 また、狭い和室の場合は、広い和室より天井を低くして、使用する部材の大きさにも気を配ることです。そうすることで、バランスのいい和室を作ることができます。