モダンな雰囲気の内装

今後の動向

中古マンションのこれまでの動向とは

中古マンションを投資目的で購入する人がいます。かつては、マンション建築が盛んで、新築のマンションも多かったのです。バブル前とバブル崩壊後には地価もそれほど高くなかったため多くのマンションが建築されたのです。 ですが、最近はかつてほどはマンションを建設することはなくなったようです。 多くのマンションが建築されたのが10年前から30年前ぐらいです。これらのマンションが現在中古マンションとして売られていることが多いのです。では、中古マンションを購入して収益になる時代なのでしょうか。 実は中古マンションを購入してもなかなか高値で売れないのです。その理由は、人口が減少していることにあります。都心部や郊外のごく一部を除けば人口は横ばいか減少しているのです。

今後の動向についてはどうか

中古マンションを購入してもなかなか小名根にならない時代です。ですが、中古マンションの価値を上げて収入を得ることは可能になります。まずはできるだけ交通の便の良いところがいいでしょう。次にその中古マンションをリノベーションをすることです。リノベーションとは元の部屋を改造してその建物の価値を上げることを意味しますが、マンションを売るとすればリノベーションをすることは割と頻繁に行われています。 それゆえ、今後もリノベーションが盛んに行われ、かつてのデザインではなく全く新しいデザインを演出することで多くの人を魅了できれば割と需要もあると思います。人口減少の中で競争に勝つのは右脳型の思考をいかに表現するかなのです。