デザインの優れたマンション

買い時

ウィークリーマンションを福岡でお探しなら、コチラで検索しましょう。ホテル感覚で過ごせる快適な物件があるので、おすすめです。

中古マンションは買い時か

長く続いたデフレーションもいよいよ転換期をむかえ、不動産取引は活気がでてきています。新築一戸建て、中古一戸建て、新規マンション、中古マンションともに、市場での流通量は増えており、買い手にも、売り手にも、少し前よりはいい状況になっています。また、住宅金利も非常に安くなっているため、購入希望者が増えていることも大きな後押しになっています。このような状況の中で、中古マンションの価格も全体的的には緩やかな上昇傾向ですが、築年数、立地場所、専有面積などで大きく違ってきます。最も上昇傾向にある中古マンションは、築年数が5年未満で人気のある都市部にあり、2LDK以上の物件です。中古マンションの中で、家族にも、単身者にもニーズが高いため、価格が上昇しています。

不動産取引の浮き沈み

バブル期の不動産取引は、今では考えられないような状況でした。中古マンション価格もグングン上昇し、より良い物件に住み替える方も少なくありませんでした。その後、バブル崩壊により、不動産の中でも中古マンションの価格は暴落し、住み替えをすることは非常に困難になりました。ローンを払えなくて、マンションを手放す人も続出し、適正価格に戻るまで20年ほどかかりました。それほどバブル期の価格は異常だったのです。近年は、ようやく中古マンションの取引も増え始め、住み替えを行う方も増えてきました。また、中古マンションをマンションごと全室買取り、リノベーションをして付加価値をつけた後に販売する業者もでてきており、ユーザーニーズの掘り起こしに、新たな展開も生まれています。

近年は鎌倉でマンションを探す方が増えています。デザイン性と快適さが兼ね備わった住宅に住みましょう。人生が変わります。

今後の動向

中古マンションの数が現在増えて来ています。現在中古マンションの販売をするにあたり、リノベーションが行われることが多くあります。中古マンションを新しくすることで、新たな買い手を見つけることができます。

→詳細を読む

和室の需要

注文住宅には様々なスタイルの家がありますが、近年和室の需要が増えて来ています。近年の和室スペースは、洋間の中にスペースを設定することや、本格的な和室を設立するというやり方を進める人が多くなっています。

→詳細を読む

賃貸の歴史

賃貸住宅は様々なものがありますが、現在のような形式になったのが戦後20年ほど経ってからと言われています。バブル期に多くのマンションが建設され、現在は比較的落ち着いてきました。

→詳細を読む

東京で住む

東京は人の出入りが激しいエリアです。東京で長く住むと決めた場合、賃貸よりも住宅を購入するほうがお得になることがあります。中古マンションは比較的手に入れやすいことが特徴で、狙い目とされています。

→詳細を読む

賃貸管理

賃貸に住む場合、住宅の管理がどの程度行き届いているのかは、非常に重要になります。賃貸住宅に住む際に支払う共益費が住宅の管理に使われています。ゴミ置き場の清掃や、廊下等の清掃等に利用されています。

→詳細を読む